HIV感染によって亡くなった人たち その1

HIV(エイズ)で死亡した人物 その1

ロック・ハドソン
「ジャイアンツ」でアカデミー賞にノミネートされた、俳優のロック・ハドソンは、1985年にエイズを発症していることを公表しました。そしてロックハドソンのことで、世間はHIVに対する認識を高めることになりました。ロック・ハドソンは59歳で亡くなりました。
リベラーチェ
アメリカのエンターテイナーでピアニスト、ど派手なコスチュームプレイで大人気だったリベラーチェは1987年に67歳で死去しています。
イアン・チャールソン
「炎のランナー」や、舞台で活躍していたイギリスの俳優の1イアン・チャールソンは、1990年に40歳で亡くなりました。亡くなったのは、舞台でハムレットを演じている最中でした。イアン・チャールソン賞 (The Ian Charleson Awards)という賞が設けられていますが、舞台において30歳以下の最優秀古典俳優に贈られる賞です。
演劇が好きすぎてヤバイ人へ
キース・ヘリング
ストリートアートの先駆者とも言われる、1980年代を代表する芸術家のキース・ヘリングの作風は、シンプルな線と色で構成されていて、日本でも人気の芸術家です。作品を通じてAIDS感染を防ぐメッセージなどを発信していました。Act Against AIDS(AAA)の最初のポスターを描きました。そして、キース・ヘリングは31歳という若さでエイズにより亡くなりました。
フレディ・マーキュリー
イギリスのロックバンド、クィーンのヴォーカリストとして有名なフレディ・マーキュリーは大変優れた歌唱力に加えて、独自のマイクパフォーマンスから「世界最高のヴォーカリスト」として、非常に高く評価されています。1991年に45歳で亡くなりましたが、フレディというビッグ・アーティストがエイズでこの世を去ったというニュースに世界が衝撃を受けました。
ジャック・モラリ
フランス人音楽プロデューサーです。ヴィレッジ・ピープルを生み出したプロデューサーとして知られています。ヴィレッジ・ピープルは、1977年にニューヨークで結成。1970年代後半から1980年代前半にかけて、ディスコソングを中心に世界的ヒット曲を次々生み出しました。ターゲットはゲイ・マーケットをターゲットにして売り出され、メンバーそれぞれが、ゲイ受けを狙ったアメリカの職業等のコスプレをしています。最大のヒット曲、「Y.M.C.A.」は、グループの最大ヒット曲です。
憧れのブロードウェイ
トリー・リチャードソン
イギリス出身の映画監督で、プロデューサです。コリン・ウィルソン、ジョン・オズボーン、キングズリー・エイミス、ジョン・ウェイン、アラン・シリトーら「怒れる若者たち(Angry young men)」の作家たちと同世代で、彼等の作品を多数映画化したリチャードソンは、イギリス映画界の「ニュー・ウェイヴ」の一員と呼ばれました。「トム・ジョーンズの華麗な冒険」でアカデミー監督賞を受賞したオスカー監督トニー・リチャードソンは1991年、63歳でエイズによる合併症で亡くなっています。
アンソニー・パーキンス
映画『サイコ(Psycho)』で知られる俳優アンソニー・パーキンスは1992年に60歳で亡くなりました。1960年代を代表する青春スターで、「緑の館」ではオードリー・ヘップバーンと共演しています。そして映画では見事な美声も披露しています。1961年にイングリッド・バーグマン、イヴ・モンタン共演の「さよならをもう一度」で第14回カンヌ国際映画祭男優賞を受賞しています。
デンホルム・エリオット
イギリス出身の俳優で、ハリウッド映画にも多く出演しています。プライベートでは、バイセクシャルを公言していました。1987年にエイズということを診断されて、1992年に70歳で亡くなりました。
アイザック・アシモフ
SF作家で有名で、その著作は500冊以上と言われています。そして生科学者としても知られ例ます。1983年に心臓バイパス手術を受けた際に使用された輸血血液がHIVに汚染されていた為エイズに感染し、1992年に72歳で亡くなりました。